2016年11月5日土曜日

倉吉市災害ボランティアセンター(2)

OM SRI SAI RAM

被災された皆さま、ご家族、ご関係者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

11月4日(金)に、山陰バジャン会のメンバーが
倉吉市災害ボランティアセンターへ、
追加の支援物資を持っていきました。

セヴァダルの方からのご報告です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
オーム サイラム
山陰バジャン会のメンバーは11月4日、午後2時に倉吉市災害ボランティアセンターへ行き、
UV加工されたブラック土嚢400枚とハウスバンド3巻を無事お届けしました。

その後、ボランティアセンターで、ボランティアのニーズについてお聞きしました。
おもに3つの内容があり、一つは瓦礫の片付けと運搬。二つ目は家の中の片付けで、

三つ目は屋根のブルーシート掛け等ということでした。
今日はこれらのセヴァはできませんでしたが、また後日、活動の機会があればと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

山陰バジャン会のメンバーは、不定期にボランティアセンターへ行きセヴァを行っています。

共にセヴァを行いたい方がいましたら、
以下の奉仕部まで、是非ご連絡ください。
saihelp@sathyasai.or.jp


サティヤ サイ ババの御言葉です。
『愛がなければ、どれほどたくさん祈っても私を動かすことはできません。もしあなたが愛をこめて私を呼べば、私はどこにいても、直ちに反応します。愛よりも偉大なものはありません。ですから、神のダルシャンを受けて神を経験したいと思うのであれば、愛をこめて神に祈りなさい。皆さんがどれほどの富や美徳をもっていても、それは愛の性質とは比べものになりません。「プレーマ」という言葉に内在する甘美さは、それ以外のどこを探しても見つけることができません。愛を培い実践すればするほど、皆さんの性質はますます甘美なものになるでしょう。ですから、愛を培って、それを皆さんに備わる最大の性質としなさい

http://www.sathyasai.or.jp/mikotoba/discourses/d_20040702.html
サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSIOJ奉仕部
・お問い合わせ:
saihelp@sathyasai.or.jp
サイ セヴァ「助け愛の輪」メールグループへの登録